中高進学研究会 代表ブログ

京都の学習塾団体である中高進学研究会代表が運営しています。中学入試・高校入試・学校紹介・教育制度などの情報を、受験生とそのご家族、地域の学習塾の皆様に日々お伝えして参ります。

大学情報

中高進学研究会へのお問い合わせは
http://www.chukoushinken.com/
代表 西川時代 携帯090-5972-9288
受験生とそのご家族、学習塾の皆様
ご遠慮なくお問い合わせください

大学入試改革、学力以外の資質見抜く 阪大や関学など

大学入試今後のスケジュール
日本経済新聞20171016より

大学入試改革を前に、関西の大学が学力試験以外で受験生を
選抜する体制づくりを急いでいる。大阪大は米国の専門家を招
き「入試のプロ」を育成するセミナーを開催。関西学院大などは
高校在学中の取り組みを査定するシステムを開発した。受験生
を多面的に評価するノウハウは国内に少なく、先行事例として
注目を集めそうだ。
大阪大が今夏に開いたセミナーは「アドミッション・オフィサー」の
育成がテーマ。多面的な入試が定着する欧米の大学で入試業
務を担う専門職で、受験生の面接や提出書類の審査を行う。米
国では数十人体制を敷く有力大もあるが、日本では教員が授業
や研究の傍ら入試業務を兼務することが多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・米オレゴン大入試部長の
ジム・ローリンズ特任教授が「面接や論文、リーダーシップなどを
数値化し、受験生の資質を評価する」などと手法を説明。参加者
は講義のほか、模擬面接のビデオを見て評価基準を話し合う
「実技」を行った。阪大の川嶋太津夫教授は「どういう学生を集め
るかで大学の未来が決まる。専門職は中心となるポストだ」と指
摘する。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大学入試改革に際して、文部科学省は各大学に個別の学力試験
に加え、面接やリポート作成、高校時代の取り組みについての評
価を組み入れて合否判定するよう求めており、大学側の対応が課
題となっている。同省によると、国立大入学者の約15%(16年度入
試)、私立大では半数以上(同)がすでに現行のAO・推薦入試で選
抜されているものの、学力や学ぶ意欲の低い学生が増加している
との指摘もある。

元記事はこちら
大学入試改革、学力以外の資質見抜く 阪大や関学など


マーク式と民間試験が必須に 国立大入試の英語

日本経済新聞20171013より

大学入試センター試験に代わり2020年度に始まる大学入学共通
テストの英語について、国立大学協会が現行のマークシート式問
題と民間の資格・検定試験の両方を受験生に課す方針を固めた
ことが、13日わかった。国立大82校が参加する11月の総会で正
式決定する。

共通テストの英語は24年度から民間の資格・検定試験に全面移
行する。実用英語技能検定(英検)やTOEICなどの採用が検討さ
れている。20~23年度は現行のマーク式と民間試験のどちらか、
または両方を課すことができ、文部科学省は大学ごとに選ぶよう求
めている。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12日の理事会では「国立大間でテスト形式が異なると受験生が志
望校を変えるときに混乱する」といった意見が出たといい、全国立大
が足並みをそろえて両試験を課すべきだと判断した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国大協は民間試験の結果を一定の基準で点数化し、マーク式の得
点に加算するなどの方法を想定している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら
マーク式と民間試験が必須に 国立大入試の英語

4技能関係について詳しくはこちらをご覧下さい
新テスト・英語民間4技能試験対策サイト
4skills


『大学の真の実力 情報公開BOOK』刊行 旺文社

daigakuno1
大学の今がわかる!国公私立大学751校の情報が満載!
『大学の真の実力 情報公開BOOK』刊行

20171003 旺文社ニュースリリースより

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 
生駒大壱)は、2017年度に国内で学生募集した大学のうち、通
信制のみの大学等を除く751大学から協力をいただいた回答か
ら作成したデータブック『大学の真の実力 情報公開BOOK 20
18年度版』を、9月30日に刊行しました。
本書は、大学の“入口(入学者)”と“出口(卒業者)”そして“中身(
学生サポート)”に関する公開情報をまとめたデータブックで、入
試方式ごとの入学者数、入学者の現役占有率、大学卒業後の
進路など“大学の生情報”を掲載し、偏差値やイメージに隠された
“大学の真の姿”をデータでお伝えする、受験生、保護者、進路指
導者にとって志望校選定の新しい資料としてご活用いただける1冊です。

daigakuno5



追手門学院大学がキャンパス移転、中・高等学校全面移転へ

無題
画像は新キャンパス中高校舎イメージです



大学ジャーナルONLINE20170909より

追手門学院大学では、創立130周年記念事業の一環として、
大阪府茨木市東部で進んでいる「茨木スマートコミュニティプ
ロジェクト」に参画し、一大文教地域の創造を目指して新キャ
ンパスを2019年4月に開設する。

「茨木スマートコミュニティプロジェクト」とは、茨木市の東芝の
工場跡地に、太陽光発電など再生可能エネルギーを活用し、
交通システムや公共サービスなど社会インフラを複合的に組
み合わせた環境配慮形都市「スマートコミュニティ」の構築を
目指すというもの。

追手門学院大学の新キャンパスの敷地面積は、「スマートコミュ
ニティ」の文教エリアの約64,400㎡を使い建設される。地域創造
学部と国際教養学部の移転、全学部1年次生を対象とした初年
次教育の拠点化、追手門学院中・高等学校の全面移転を行う予
定で、学生および教職員を含め約5,000人が移動する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
元記事はこちら
追手門学院大学がキャンパス移転、東芝の工場跡地に一大文教地区誕生

最新記事
タグクラウド
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ