中高進学研究会 代表ブログ

京都の学習塾団体である中高進学研究会代表が運営しています。中学入試・高校入試・学校紹介・教育制度などの情報を、受験生とそのご家族、地域の学習塾の皆様に日々お伝えして参ります。

教育改革関連情報

中高進学研究会へのお問い合わせは
http://www.chukoushinken.com/
代表 西川時代 携帯090-5972-9288
受験生とそのご家族、学習塾の皆様
ご遠慮なくお問い合わせください

第3回 関西教育ICT展 8月2・3日開催

bn1200x630
第3回 関西教育ICT展が、8月2・3日にインテックス大阪にて
開催されます。本年度は英語4技能関連の出展も増えるよう
で、私も時間を調整して参加する予定です。

総務省、小中学生向け統計データ検索サイト公開+高大生向け統計コンペ開催

0627-sm

キッズすたっと~探そう統計データ~ 


ICT教育ニュース20180627より

総務省は26日、小中学生が統計に親しみを持ち、自ら統計データを
利用できるよう、小中学生向け統計データ検索サイト
「キッズすたっと~探そう統計データ~」を公開した。

「キッズすたっと~探そう統計データ~」は、統計データを簡単に探せ
るよう、小中学校の教科などに沿ってデータを整理しており、小学生・
中学生ごとに、教科書に記載されている用語や教科・単元から検索が
できる。あわせて、高校生、大学生等が統計の有用性を理解し、統計
データを適切に活用できるようになることを目的に、統計センター等と
協力して、「統計データ分析コンペティション」を開催すると発表した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総務省、小中学生向け統計データ検索サイト公開+高大生向け統計コンペ開催


7月13日 「第9回TEAP連絡協議会」(関西会場)

teap_renraku201807_ページ_1
teap_renraku201807_ページ_3
「第9回TEAP連絡協議会」(関西会場)が7月13日に
近畿大学にて開催されます。興味をお持ちの先生方は
ご検討頂きましたら幸いです。

NTTドコモ、農業高等学校への農業ICTの提供と活用支援を開始

LL_img_158594_1
ICT教育ニュース20180613より

全国農業高等学校長協会、ベジタリア、NTTドコモは、全国の希望
する農業高等学校に営農記録ツール「アグリノート」と農業用セン
サー「パディウォッチ」と「フィールドサーバ」の提供と活用支援を13日
から開始する。

同取り組みは、農業高等学校生に最先端の農業ICTを学ぶ機会を提
供することで、次代の農業を担う人材を輩出することを目的としている。

同時に、各農業高等学校における栽培記録データの蓄積と活用、地
域社会への共有や、全国の農業高等学校の栽培記録データの集計
による全国的な状況把握なども期待している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NTTドコモは、各農業高等学校に対する「アグリノート」および各種セン
サーの導入とその活用支援 (マニュアル配布、活用方法の現地指導な
ど) を担当する。また、その他の農業ICTやICT端末などの導入支援も行う。
NTTドコモ、農業高等学校への農業ICTの提供と活用支援を開始

NTTドコモ、農業高等学校への農業ICTの提供と活用支援を開始

国大協が新テスト英語の参考例を発表「英語全体配点の2割以上」「CEFRのA2以上」

大学入学共通テストの枠組みにおける英語認定試験_ページ_1
国立大学協会ホームページより

国立大学協会では、このたび「大学入学共通テストの枠組みにおける
英語認定試験及び記述式問題(国語)の活用に当たっての参考例等
について」を取りまとめましたので、公表します。

大学入学共通テストの枠組みにおける英語認定試験及び記述式問題
(国語)の活用に当たっての参考例等について

 

スクールTV、中学生を対象とした国語の無料動画を配信開始

                                 国語
ICT教育ニュース20180607より

イー・ラーニング研究所は、動画教育サービス「スクールTV」で、
中学生を対象とした国語の無料動画の配信を6月上旬から開始する。
「スクールTV」は、学習習慣の定着を目的とした小中学生向けの動画
教育サービス。全国の主要科目の教科書内容を網羅し、各地域の教
科書の内容に沿って学習ができるほか、自ら考える力を養うアクティブ・
ラーニングを動画内に導入している。これまで、小学校1年生~6年生
の算数、社会、理科と、中学校1年生~3年生の数学、社会、理科、英
語のコンテンツを提供してきたが、今回、中学生を対象とした国語の
無料動画の配信を開始する。

国語の授業動画はイー・ラーニング研究所オリジナルのコンテンツで、
中学生の間に習得が必要な学習範囲を学年ごとに絞ることで、3年間
を通して国語の基礎知識が身につくカリキュラム構成となっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スクールTV、中学生を対象とした国語の無料動画を配信開始

スクールTVはこちらから

早大、3学部で「共通テスト」利用 政経学部など21年度

日本経済新聞20180607WEB速報より

早稲田大学は7日、現在の高校1年生が受験する2021年度の政治経済
学部、国際教養学部、スポーツ科学部の一般入試改革を発表した。
3学部とも、大学入試センター試験後継の大学入学共通テスト(20年度か
ら導入)と学部独自試験の2段階で選抜する。私大最難関校が一部学部
とはいえ全員に共通テストを課すことは、他大学に大きな影響を与えそうだ。


政経学部の入試は、共通テスト(100点)と英語外部検定試験・学部独自
試験(100点)の計200点満点。共通テストは(1)外国語(2)国語(3)数学1・
数学A(4)選択科目(地理歴史、公民、数学、理科から1~2科目)を課し、
それぞれに25点ずつ配分する。政経学部が全員に数学を課すのは戦後
になって初めてで、受験生の志願行動への影響が注目される。

英語外部検定試験と学部独自試験の配点比率は3対7程度。外部検定
試験は共通テストで使う試験を活用する。独自試験は90分間で日本語と
英語の長文を読ませ、記述式で回答させる。独自試験のサンプル問題な
どは18年度中に公表する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらに21年度から全学部の受験生を対象に、高校までの主体性・多様性・
協働性を育む体験をエッセーにまとめ、提出させることも発表。得点化は
せず、入学後の学習指導などに活用する。

早大、3学部で「共通テスト」利用政経学部など21年度




NEW EDUCATION EXPO 2018 大阪

NEW EDUCATION EXPO 2018_ページ_1
NEW EDUCATION EXPO 2018_ページ_4
NEW EDUCATION EXPO 2018
セミナー申し込み締め切りは、6/12(火) 18:00までです

NEW EDUCATION EXPO 2018 大阪

デジタル教科書容認法案可決

学校教育法等の一部を改正する法律
タブレット端末などで利用できる「デジタル教科書」を正式な教科書と
同様に使えるよう認める改正学校教育法が25日、参院本会議で全会
一致で可決、成立した。

改正学校教育法(2018年5月25日可決)はこちらから

20180511 文科省将来構想部会資料 各高等学校機関の接続等

20180511将来構想部会配付資料高等教育機関接続_ページ_1
文部科学省にて2018年5月11日に開催された将来構想部会にて
配布された資料の一部です

各高等学校機関の接続に関する図解がされています

20180511 将来構想部会(第9期~)(第17回) 配付資料一覧

英検合格者アンケート【集計結果の発表】中高生の受験目的は「進学活用」がトップ!

Screen-Shot-2018-05-01-at-16_40_45
Screen-Shot-2018-04-18-at-12_15_47
4skill's 新テスト・英語民間4技能試験対策サイトより

前書きより

本サイト「4skills 新テスト・英語民間4技能試験対策サイト」にて「【中高生
限定】英語合格者アンケート」を実施し、全国の中学生・高校生から回答
を募集しました。募集期間2018/2/2〜2018/4/5の間に、多数の回答をお
寄せいただきました。ご回答くださいました皆様には厚く御礼を申し上げます。

「【中高生限定】英語合格者アンケート」では、「合格時の学年」「合格級」
「受験目的」「合計受験回数」「対策期間」についてアンケートを取りました。

 今回頂戴しました回答を集計した結果からは、中高生の英語検定試験に
対する意識や期待などが伺えます。そのいくつかを取り上げてみましょう。

全国学テ英語の実施課題を検証 京都の2中学で予備調査

20180509220021014
京都新聞20180510より

文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)で来年度
から中学3年を対象に英語が新たに加わるのを前に、実施体制の課
題検証を目的とした予備調査が9日、京都市南区の久世中と左京区
の洛北中であった。計約450人の生徒が英語のテストに挑戦した。

全国学力テストは毎年4月に全国の小学6年と中学3年を対象に行っ
ている。中3の英語は来年度から3年に1度程度実施される。予備調
査は文科省が全国から抽出した136校で今月1日から順次行っている。

久世中では約170人が調査を受けた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「話す」についてはパソコンと、マイクが付いたヘッドホンを使って実際に
英語を話して答える形で、生徒らは緊張した面持ちで臨んでいた。
府内ではほかに2校が抽出されている。

全国学テ英語の実施課題を検証 京都の2中学で予備調査


Webショートプレゼンテーション・・・委託研究

no title
http://www.eiken.or.jp/center_for_research/movies/index.html

英語検定協会サイト内英語教育研究センターのページに
英語教育研究センターが委託したこれまでの研究成果の中から、
その一部を概要として動画で解説しているページがあります。
以下、紹介文まま

短時間(15分前後)にギュッと内容を凝縮しました。

小学校英語や小中連携をはじめ、CLIL(内容言語統合型学習)や
EAP(English for Academic Purposes)といった学校現場の先生
方に役立つ研究を紹介しています。 また、言語テストに関する研究
や、児童の第二言語習得についての研究、英語観の違いについて
の調査といった様々なテーマの研究成果をご覧いただけます。

さらに、2017年3月18日に開催されました英語教育研究センター
主催 特別講演会の発表動画をご覧いただけます。

Webショートプレゼンテーション・・・委託研究

タブレットで他者の書き込みを閲覧できることと学習意欲の関係

img2
ICT授業に限らず、集団授業における授業展開に向けての興味深い
調査結果でした。一度ご覧下さい。

ICT教育ニュース20180517より
MetaMoJi ClassRooomを活用した個別学習とアンケート調査
東京学芸大学 自然科学系 技術・情報科学講座 情報科学分野 北澤 武

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1人1台のタブレット端末を用いた授業は,一斉学習,個別学習,協働学
習が考えられるが,1コマの授業の中で常に同じ学習形態というわけで
はなく,場面に応じて様々な学習形態が展開される(文部科学省 2014)。
ここで,個別学習の授業形態に着目すると,個人が思考する場面におい
て,ネットワークを介して他者の書き込みをリアルタイムに閲覧すること
によって,自分の考えを持つことができるようになると予想される。

一方で,自分の書き込みが他者から見られる環境が,結果的に学習意
欲に影響を与える可能性が否めない。そこで,1人1台のタブレット端末
環境の個別学習の場面において,自分が気づかないところで自分の書
き込みが見られることと,自分が他者の解答を閲覧できることが,児童
の学習意欲にどのような影響を与えるかについて分析した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンケート調査の結果から分かったこと

児童が他者の書き込みを見たくなる時として,「答えが分からない時(6名,
30%)」,「不安になった時(4名,20%)」が,複数人から得られた回答であ
り,全体の半数を占めていた。一方,児童が他者の書き込みを見たくない
時として,「答えが分かった時(3名,15%)」,「答えに自信がある時(5名,
25%)」,「自分で(最後まで)解いてみたい時(4名,20%)」が,複数人から
得られた回答であり,全体の60%を占めていた。

「自分の解答を友達に見られるのが嫌であったか」という質問について,17
名が否定的,3名が肯定的な回答を示していたことから,自分の解答を友だ
ちに見られても嫌ではないという割合が大きいことが分かった。しかしながら,
既習内容ではなく,難しい問題であると他者に見られたくないという考えにな
るかもしれないため,学習課題の難易度に応じて,他者の考えを見られる設
定にすることが重要と考える。

また,「友達の解き方を参考にして,新しい解き方を考えようとしたか」という
質問について,15人が肯定的,5人が否定的な回答を示し,肯定的な回答の
割合が大きいことが分かった。このことから,友達の画面を閲覧できる環境に
すると,友達の解き方を参考にしながら,自分がもともと持っていた考え方に
さらに新しい考え方を追加するという意識が高まる可能性が示唆された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タブレットで他者の書き込みを閲覧できることと学習意欲の関係

学テの英語予備調査始まる 19年度追加、課題検証

hihi
日本経済新聞20180501より

文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)で2019
年度から3年に1度程度、中学3年全員を対象にした英語調査が始ま
るのを前に、実施体制の課題検証を目的とした予備調査が1日から各
地で始まった。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英語予備調査は「読む・聞く・書く」のテストを計45分で実施。「話す」に
ついてはコンピューターを使って1人当たり15分程度で行い、録音した
生徒の解答を文科省の委託を受けた業者が採点する。

文科省は全都道府県、政令指定都市から各2校を抽出し、東京都のみ
4校とした。1学年300人以上などの大規模校や特別支援学校、離島の
学校などを選び、円滑にテストを実施するための課題を把握する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問題や解答は予備調査期間終了後に公開するが、対象校が少ないことも
あり、採点結果は公表しない。各教育委員会や参加学校には結果を伝える。

全国学力テストは毎年4月、全国の小6、中3全員を対象に実施。国語と算
数・数学が基本で、3年に1度程度理科も実施している。

学テの英語予備調査始まる 19年度追加、課題検証 


「主体的な連携・統合を」私大連が提言

日本経済新聞20180425より

日本私立大学連盟は25日までに、私立大の将来像に関する提言を
公表した。18歳人口が減少する中、地域によっては「主体的に連携・
統合を考える必要がある」と強調。大学同士で同じ学部の重複を避け
る「すみ分け」をしたり、教育課程や教員組織の「共有」を進めたりして、
教育の質を高めるべきだとした。

文部科学省の中央教育審議会は大学の将来像に関して、「世界をけん
引する人材を養成」など、3種類に分けて強みを伸ばす案を議論してい
る。これに対し私大連の提言は、既に大学ごとの特色化が進んでいる
として「固定的な類型化ではなく、ゆるやかに役割を分担して多様性を
確保することが重要」と指摘した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「主体的な連携・統合を」私大連が提言

ITと投資のヒーロー育て! キッズ教育の現場を拝見

https___imgix-proxy_
NIKKEI STYLE タスヴェリ20180420より

■中高生がスマホアプリ開発

 プログラミング教育を手がけるライフイズテック(東京・港)は、春休みなど
に中高生向けITプログラミングキャンプを開いている。目標は「ITの世界で
(米大リーグ・エンゼルスの)大谷選手のようなヒーローを生み出すこと」(水
野雄介・最高経営責任者=CEO)だ。この春休みは6都道府県で13回のキ
ャンプを開き、計1000人が参加した。

リンク先の動画もご覧下さい

ITと投資のヒーロー育て! キッズ教育の現場を拝見
教材開発・セミナー開講… 企業の参入続々

調査問題・正答例・解説資料について (2018年4月17日)

18mondai_chuu_suugaku_a_ページ_36
実施調査を行っている国立教育政策研究所のサイトにて

平成30年度全国学力・学習状況調査における
調査問題・正答例・解説資料について (2018年4月17日)
が公表されています。

過去の調査についても詳しく情報が整理されていますので
ご覧下さい

平成30年度全国学力・学習状況調査における
調査問題・正答例・解説資料について はこちら

全国学力・学習状況調査全体の検索ができるページはこちら

【速報】全国学テで3年ぶりに理科問題解決する姿勢問う

https___imgix-proxy_n8s_jp

日本経済新聞20180417WEB版より

全国の小中学校で17日、小6と中3を対象にした全国学力・学習状況
調査(全国学力テスト、学テ)があった。3年ぶりに実施された理科では
実験や観察の場面を多く設け、次期学習指導要領で重視する「問題解
決の姿勢」が育っているかをみた。他の子供の意見を踏まえて実験の
結果を予想させるなど、新しい傾向の問題も出た。
結果は7月下旬に公表する。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3年に1度実施する理科の問題では、身近なテーマを扱い実験や観察の
場面を設定したものが目立った。

小学校では、モーターに乾電池をつなぎ、流れる電流について考えさせ
る問題が出た。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別の問題では、メダカの水槽の水温を下げるために扇風機を作る場面を
設定。気温のデータをもとに、1日のうち一定の時刻だけ扇風機を回すた
めに太陽光電池をどう設置すればよいか尋ねた。20年度に全面実施す
る新学習指導要領で新たに盛り込まれた「目標を設定し、計測して制御す
る」力を問う問題だ。

算数Aでも、新指導要領で加わる「折れ線グラフの理解」を問う問題が出た。

一方、過去の学テで平均正答率が70%を下回った分野の問題も3教科で
計64問出され、全178問のうち36%を占めた。

例えば、中学数学Aでは生徒の靴のサイズのデータを用いて「最頻値」や
「中央値」を理解しているか問うた。15年度の同様の問題で、正答率が46
%にとどまったため改めて出題した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小金井市教委と4社、クラウドとChromebook活用し「コスト軽減モデル」を検証

0411-kn
ICT教育ニュース20180411より

東京都小金井市教育委員会、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、
凸版印刷、コードタクト、eboardは、総務省の「次世代学校ICT環境」
の整備に向けた実証に参画し、2018年4月からクラウドや低価格タブ
レットを活用した授業を開始すると発表した。

学校教育におけるICT環境の整備コストのうち、児童生徒に配布する
タブレットなどの情報端末の整備や校内に設置しているデジタル教材
用サーバーの保守・運用コストが全体の65%を占めている。・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この状況を踏まえ、本モデルでは「クラウドサービスの活用による校内
サーバーレス化」及び「日本初となる低価格タブレットの全校導入と再
利用端末の活用」の取組みを実施し、「コスト軽減モデル」を検証・・・

小金井市は、教育現場で高い評価を得ているGoogle社の
Chromebookを日本で初めて自治体予算で全校導入するとともに、
再利用端末を併用することで、すべての児童生徒が情報端末を利用で
きる環境を整備する。Chromebookは、低価格であることに加えて、教
育機関においては、資料作成に便利な G Suite for Educationやデー
タを保管するGoogleドライブを無償で利用可能といった特長がある。こ
れにより、従来の端末と比べ導入・運用コストの40%軽減を目指す・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小金井市教委と4社、クラウドとChromebook活用し「コスト軽減モデル」を検証

教員採用に英検加点や現職選考制度 京都府・市教委

平成31年度京都府公立学校教員採用試験実施概要について_ページ_3

平成31年度 京都市立学校教員採用選考試験の実施要項発表_ページ_03
平成31年度京都府公立学校教員採用試験実施概要について

平成31年度 京都市立学校教員採用選考試験の実施要項発表


京都新聞20180410より

京都府、京都市の両教育委員会は9日、2019年度教員採用試験の
要項や日程を発表した。採用規模は、府教委が昨年度末の大量退
職を受けて前年度比30人増の340人程度とした。市教委は前年度
と同規模の300人程度。1次の筆記試験は6月30日に実施する。

府教委は、英検やTOEICで一定の成績をおさめた小学校と中学校
英語の志願者や国際貢献活動の経験者に、1次試験で5~10点を
加点する。20年度に始まる小学校英語の教科化に対応するととも
に、中学校の英語科教員の能力を底上げする狙いがある。・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市教委は国公私立学校の現職教諭らを対象とした特別選考制度を
新設し、経験豊かな人材の確保を進める。・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

両教委は前年度に引き続き、理工系の研究者やスポーツ選手、英
語を母語とする人材などの特別選考を行う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

教員採用に英検加点や現職選考制度 京都府・市教委

文科省、「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」を公表

小学校プログラミング教育の手引き(初版)_ページ_02
ICT教育ニュース20180409より

文部科学省では、新小学校学習指導要領におけるプログラミング
教育の必修化を踏まえ、プログラミング教育の基本的な考え方や、
各教科等の目標や内容を踏まえた指導等についてわかりやすく解
説した「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」を取りまとめ
公表している。

本手引は、学習指導要領や同解説で示している小学校段階のプロ
グラミング教育についての基本的な考え方などをわかりやすく解説
し、教師がプログラミング教育に対して抱いている不安を解消し、安
心して取り組めるようにすることをねらいとしており、・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本手引は、今後の各学校における実践の充実を踏まえ、また、「未
来の学びコンソーシアム」の取組とも連携を図りながら、適時改訂を
重ね、充実させていく予定だという。

□ 小学校プログラミング教育の手引(第一版) PDF

速報平成29年度「英語教育実施状況調査」の結果

H29 英語教育実施状況調査_ページ_4
平成29年度「英語教育実施状況調査」の結果(元データ)


関連記事
日本経済新聞20170406より

文部科学省は6日、公立中高の英語教育に関する2017年度の調査
結果を公表した。中学3年で英検3級相当以上の英語力を持つ生徒
は40.7%と13年度から8.5ポイント増えたが、50%とする国の目標に
は届かなかった。公表された自治体のうち、目標値を超えたのは福井
県、さいたま市など8都県政令市(12%)で、地域差が見られた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英検3級相当以上の中3が62.8%、英検準2級相当以上の高3が
52.4%と、いずれも最も高かった福井県。県教委の尾形俊弘参事は
「実践的な英語力を育む授業改善を長年続けてきた成果だ」と強調する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
県教委によると、日本人教師も一部の複雑な文法学習を除き、ほぼ日本
語を使わず授業を行う。文科省の調査では、教師の英語力も中高ともに
全国1位。ALTは全ての中学校に配置され、「読む、聞く、書く、話す」の
4技能を重視した授業改善に取り組んできた。このほか同県は、英検や
GTECなど民間試験の受験料を補助し、県立高入試で加点できる仕組み
も17年度に始めた。

文科省の英語教育実施状況調査は17年12月、全公立中高計1万2774
校を対象に行った。語学力の国際規格「CEFR」を基に、中3は6段階中
1番下の「A1」にあたる英検3級、高3は「A2」にあたる準2級相当以上
の生徒の割合を調べた。英検以外の民間試験受験者や、教員が基準を
満たしていると判断した生徒も含む。

中3で基準を満たした生徒は約42万人と、前年度から4万人増えた。
高3でも準2級以上の生徒は39.3%と、13年度から8.3ポイント増えたが、
50%の目標には届かなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中学生の英語力、目標の「英検3級以上」は40%

文科省、「高等学校学習指導要領」の改正を告示 ICT活用を明記

ICT教育ニュースより

文部科学省は30日、高等学校学習指導要領の改正を告示したと
発表した。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新高等学校学習指導要領では、「社会に開かれた教育課程」、「知
識及び技能の習得と思考力、判断力、表現力等の育成のバランス
」、「高大接続改革」という基本的な考え方は昨年告示された小中学
校版と変わりない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各教科では、ほぼすべての教科でICTの活用が求められる上に、教
科「情報」の再編では教師に求められるスキルも格段に高度になる。
情報科の科目を再編し、すべての生徒が履修する「情報Ⅰ」を新設
することにより、プログラミング、ネットワーク(情報セキュリティを含
む)やデータベース(データ活用)の基礎等の内容を必修化した。プ
ログラミングに触れる生徒が2割程度しかいなかったこれまでと状
況は大きく異なることになる。

文科省、「高等学校学習指導要領」の改正を告示 ICT活用を明記

大学入試英語成績提供システム参加要件確認結果関連資料

今後の英検
英語検定協会サイトより
「大学入試英語成績提供システム」参加要件 確認結果を受けて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

独立行政法人大学入試センターサイトより

 大学入試英語成績提供システム参加要件確認結果 関連
頭紙(91KB) 
参加要件の確認方法と確認結果の概要等(169KB)
大学入試英語成績提供システム参加要件を満たしていることが確認された資格・検定試験(104KB)
条件付きで、参加要件を満たしているとみなすことができると判断した資格・検定試験(121KB)
参加要件を満たしていることが確認された資格・検定試験の概要一式(139KB)
各実施主体に対し特に今後一層の取組みを求めたい事項(152KB) 
現時点では、参加要件を満たしていることを確認することはできないものと判断した資格・検定試験(134KB)
各資格・検定試験とCEFRとの対照表(1.16MB)
 
(参考)
「大学入試英語成績提供システム」運営要項(参考資料1)(344KB)
「大学入試英語成績提供システム」の活用イメージ(検討中)(参考資料2)(244KB)
大学入試英語成績提供システム参加要件(参考資料3)(229KB)
最新記事
最新コメント
タグクラウド
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
プロフィール

qa2005

  • ライブドアブログ