中高進学研究会 代表ブログ

京都の学習塾団体である中高進学研究会代表が運営しています。中学入試・高校入試・学校紹介・教育制度などの情報を、受験生とそのご家族、地域の学習塾の皆様に日々お伝えして参ります。

教育改革関連情報

中高進学研究会へのお問い合わせは
http://www.chukoushinken.com/
代表 西川時代 携帯090-5972-9288
受験生とそのご家族、学習塾の皆様
ご遠慮なくお問い合わせください

受験者必見!「英語ライティング」攻略のための4技能試験別6つのポイント

-2017-07-27-12_23_38
4skills 20170803より

検定試験受験を考えている皆さん、ライティング対策は万全
でしょうか?

2020年度から開始予定されている新しい「大学入学共通テ
スト」並びに、既に始まっている各大学の入試改革にともない、
4技能を測る英語民間試験の存在感がますます高まっています。

しかし4技能のなかでもとりわけ「ライティング」は各試験ともに特
徴があり、対応に困っているという方もいるのではないでしょうか?

本記事ではそのような方に向けて、英検、TOEFL、IELTSの各
ライティングセクションの比較と対策のポイントをご紹介します!

受験者必見!「英語ライティング」攻略のための
4技能試験別6つのポイント  はこちらから

★2020年度~施行される新学習指導要領についての説明動画

★2020年度~施行される新学習指導要領についての説明_ページ_1
★2020年度~施行される新学習指導要領についての説明_ページ_2
★2020年度~施行される新学習指導要領についての説明_ページ_3
★2020年度~施行される新学習指導要領についての説明_ページ_4
学書様作成資料より

様々な資料を豊富に提供されている、学書様の
サイトにて、下記の説明動画が設置されました。

★2020年度~施行される新学習指導要領
についての説明動画

新編新しい算数対応 デジタルコンテンツ

4B_93
6A_125
東京書籍平成27-30年度用「新しい算数」教科書に対応。
プロジェクターを使った授業を想定して作成された無料の
教科書本文図版デジタルコンテンツです。

東京書籍 新編新しい算数対応 デジタルコンテンツ
(平成27年~30年用)

小学校の先生、英語必修に 教職課程で義務化

日本経済新聞WEB速報20170726より

文部科学省は26日、小学校教員の免許取得を目指す学生に、
英語を含む外国語科目の履修を教職課程で義務づける省令改
正案を公表した。2019年度から、英語の指導法に関する科目の
単位取得が必要になる。20年度実施の新学習指導要領で英語
が正式な教科になるため、養成段階から教員の指導力を育成する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外国人指導助手(ALT)と協力した指導や児童への英語での語りか
け方など、英語指導に関する科目が必修になる。教職課程がある
多くの大学で教育内容を見直す必要がある。

新学習指導要領では小学5、6年で英語が正式教科となり3、4年
生も外国語活動を行う。ただ、現在教員の大半は教職課程で英語
の指導法を学んでいない。文科省の調査でも外国語科目を必修と
している大学が10%にとどまるなど対応にばらつきがあり、英語の
指導力向上が課題だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小学校の免許取得に必要な最低単位数は59で変わらない。

元記事はこちら
小学校の先生、英語必修に 教職課程で義務化


葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

20170723192204katura_450

教育課程特例校制度に関する説明(文部科学省)

京都新聞20170723より
児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から
「小規模特認校」となり、市内全域から通学受け入れを始め
る。同市では初の指定で、自然を生かして一人一人に寄り
添う教育を打ち出し、学習人数の維持を目指す。地域住民
は「葛川に人を呼び込みたい」と、通学する子の家族に短期
移住をPRしていく。市北部の山あいにある葛川地域は、人
口251人で過疎高齢化に悩む。児童生徒は計25人(小学
校14人、中学校11人)で、来年度から3年間は、葛川小に
入学する地域の子はいない。

市教育委員会が全市域で学校規模の見直しを検討する中、
今年1月の葛川地域説明会で住民が「小規模特認校として
の存続」を求めた。4月から住民と学校側で検討会を開き、
市教委が特認校に指定した。

授業では地域の特色を生かし、学校林で生徒児童が木の苗
を植え、獣害や雪害の対策を学んでいる。また少人数のため、
子どもの苦手分野があれば全員が理解できるまで教える。英
語の授業では、地域に住む米国人から海外の生活や文化を
学んでいる。川遊びや星空観察など体験学習もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通学はJR堅田駅からの送迎を予定している。学校説明会を
24日と9月7、30日に行う。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

問題校、補助金減額も 通信制高校で不適切指導 文科省有識者会議

日本経済新聞20170722より

ウィッツ青山学園高校(三重県伊賀市)の広域通信制で不適切な
指導が行われていた問題で、文部科学省の有識者会議は21日、
広域通信制高校の教育の質を確保する方策をまとめた。問題の
ある学校に経営改善を促すため、私立学校に支給する経常費補
助金を減額できる仕組みを作るほか、学校を指導監督する自治
体向けの指針を見直すことなどを提言した。

文科省は学校法人に法令違反があった場合に経常費補助金を
打ち切ることができるが、学校が継続できなくなると生徒の不利
益が大きいため、学校運営の改善を促す手段としては使いにく
かった。文科省は年度内をめどに補助金減額の仕組みを作る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィッツ青山学園高を巡っては、生徒をテーマパークに連れて行
き、土産物のお釣りの計算で「数学を履修した」とみなすなど、ず
さんな指導が発覚した。

元記事はこちら

問題校、補助金減額も 通信制高校で不適切指導 文科省有識者会議

学テ結果は8月28日公表 政令市別平均正答率も

日本経済新聞20170720より

文部科学省は20日、小学6年と中学3年の全員を対象に、4月に実施
した「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の結果を8月28日に
公表すると発表した。

 文科省は今回、結果の公表方法を一部変更し、従来の都道府県別の
平均正答率に加えて政令指定都市別も明らかにする予定。ただ競争を
あおらないよう、いずれも小数点以下を四捨五入して整数値のみを示す
としている。〔共同〕

元記事はこちら
学テ結果は8月28日公表 政令市別平均正答率も

東大理三 18年度入試から面接実施 学力試験の点数高くても不合格になる場合も

高校生新聞オンライン20170720より

東京大学は7月20日、2018年度入試の選抜要項を公表した。
医学部医学科の進学希望者が受ける理科三類の一般入試に
面接試験を導入する。医療や医学研究に携わるのにふさわし
い学生を多面的・総合的に選抜するのが狙いだ。面接試験の
結果によっては、学力試験の内容にかかわらず、不合格にな
る場合もあるという。

医療や医学研究にふさわしいか評価

理科三類の一般入試の募集人数は97人。面接試験では「受
験者の人間的成熟度、医学部への適性、コミュニケーション能
力等を評価し、将来、医療や医学研究に従事するのにふさわ
しい資質を持った学生を、学力試験の成績のみでなく多面的・
総合的に選抜します」(選抜要項)としている。面接試験の結果
によっては学力試験が合格点に達していても、不合格になる場
合があるという。一方、学力試験の成績が合格点より低い受験
者が、面接試験の内容で合格することは「想定していない」(宮
園浩平医学部長)という。

10分間の個人面接、2度実施する場合も

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
受験者によっては、同じ日に再度面接を行うことがある。「合否
判断について1回では判断が難しいケースが生じた場合、(面
接の)担当者を変えることを想定している」(宮園医学部長)という。


過去にも面接実施、教育改革経て再度導入

理科三類の前期日程試験では1999年度から2007年度まで面接
試験を実施していたが、受験者や面接者が違ってもあらかじめ定
めた同じ質問を中心にする構造化面接方式だったため、受験生
側の対策が進んだことなどを理由に廃止した経緯がある。

だが、医学部生が卒業時点で達成すべき教育成果を検討する中
で、「コミュニケーション能力」「プロフェッショナリズム」「社会的視
点」は入学の時点である程度備えているべきとの考えに至り・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら
東大理三 18年度入試から面接実施 学力試験の点数高くても
不合格になる場合も

教育分野 日本最大の専門展「EDIX」 11月大阪で開催

EDIX_kansai_senmonten_01
展示会招待状申し込み開始されました

ICT教育ニュース20170719より

リード エグジビション ジャパンは、教育分野 日本最大の専門展
「教育ITソリューションEXPO(EDIX)」を、11月15日~17日の3
日間、インテックス大阪で開催する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年11月、多くの西日本の教育関係者の要望を受け、初めて
大阪で開催する。第1回目となる今回は450社が出展、西日本を
中心に、大学、教育委員会、小・中・高校、塾・予備校、専門学校、
企業の人事・研修・情報システム部門など、2万人の教育関係者
の来場を見込んでいる。

元記事はこちら
教育分野 日本最大の専門展「EDIX」 11月大阪で開催

「第1回教育ITソリューションEXPO(EDIX)大阪」サイトはこちら

小学校の新たな外国語教育における補助教材の検証及び新教材の開発に関する検討委員会(第4回) 配付資料

第24回中高進研高12
第24回中高進研高大接続レジメ_ページ_20
研究会でもご紹介致しました、次年度より配布開始
されます移行措置期間の小学生英語指導補助教材
の指導書です。

また下記の資料も該当ページにリンクが貼られています。
お時間の許す時にご覧下さい

小学校の新たな外国語教育における補助教材の検証及び
新教材の開発に関する検討委員会(第4回) 配付資料


資料1 年間指導計画例案  (PDF:802KB) PDF

  • 資料2 活動例案  (PDF:870KB) PDF
  • 資料3 3-6年  学習指導案  (PDF:1183KB) PDF
  • 資料4 3年 児童用冊子  (PDF:2379KB) PDF
  • 資料4 4年 児童用冊子  (PDF:2724KB) PDF
  • 資料4 5年 児童用冊子  (PDF:2919KB) PDF
  • 資料4 6年1 児童用冊子  (PDF:2864KB) PDF
  • 資料4 6年2 児童用冊子  (PDF:1447KB) PDF
  • 資料4 6年3 児童用冊子  (PDF:1396KB) PDF
  • 資料5 指導書  (PDF:1906KB) PDF
  • 参考資料  (PDF:985KB) PDF

  • 【解説動画:啓林館】大学入学共通テスト(仮称)」記述式問題

    新興出版社啓林館のスマートレクチャーより

    「大学入学共通テスト(仮称)」記述式問題のモデル問題例
    解説動画が閲覧できます

    サイトはこちら
    「大学入学共通テスト(仮称)」記述式問題のモデル問題例解説動画


    英語力向上、対策を 総務省が中高の教育で勧告

    日本経済新聞20170714より

    総務省は14日、中高生の英語力が伸び悩んでいるとして、文部
    科学省に有効な対策を取るよう勧告した。政府は訪日外国人が
    増える2020年東京五輪などを見据え、英語力アップの数値目標
    を掲げているが「達成は極めて困難」としている。

    政府の第2期教育振興基本計画は、本年度までに生徒全体の50
    %が達成すべき目標を設定。中学卒業段階は「英検3級程度以
    上」、高校を卒業する段階では「英検準2級から2級程度以上」を
    目標としている。

    しかし、16年度時点で達成した生徒の割合は中3が36.1%、高3
    は36.4%。ともに12年度から5ポイント程度しか増えていなかった。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    元記事はこちら
    英語力向上、対策を 総務省が中高の教育で勧告

    【速報】マーク式も刷新、思考力問う設問に 大学入試新テスト

    20170713国語と数学の問題例公表_ページ_13
    20170713国語と数学の問題例公表_ページ_14
    20170713国語と数学の問題例公表_ページ_24
    20170713国語と数学の問題例公表_ページ_42
    20170713国語と数学の問題例公表_ページ_43
    日本経済新聞20170713WEB版速報

    大学入試センターは13日、現行のセンター試験に代えて2020年度
    に導入する「大学入学共通テスト」のマークシート式問題のモデル例
    を公表した。国語と数学の各2問で、国語では識者による短歌の論評
    と生徒の会話文を組み合わせて出題するなど、これまでにない新しい
    内容。5月に問題例を公表した記述式と合わせて「知識だけでなく思
    考力・判断力・表現力を重視した」としている。
    文部科学省は同日、英語での民間検定試験の活用、国語、数学への
    記述式問題の導入などを柱にした共通テストの実施方針を正式決定
    した。試行のための「プレテスト」を今後実施し、その結果を踏まえて
    19年度に実施体制なども含めたテストの大綱を策定する。

    国語と数学では記述式問題の導入と合わせて、既存のマーク式(多肢
    選択式)の問題も一部を刷新。より思考力や判断力を問う内容にする。

    13日示されたマーク式の例題は大学入試センターが作成し、2~3月
    に行ったモニター調査で出題した。国語の現代文と古文から各1問、
    数学1・Aから2問の計4問を公表した。

    現代文は関連する3つの文章を読ませる。まず複数の短歌について
    論評する文章を2つ示し、語彙力や筆者の主張の理解を試す問題・・

    続いて論評を参考に生徒3人が会話する文章を示し、発言の空欄を
    埋める問題を出した。「複数のテキストの妥当性を吟味し、情報を統
    合・構造化できる力」を試すという。

    古文は「平家物語」の文章に続けて、それを読んだ2人の人物の対
    談を示した。対談は文章の印象を語り合う中で、文章に含まれた表
    現技法に気づく内容。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    数学では、都道府県ごとの平均睡眠時間のデータを分析させる。会
    話の中で睡眠時間を平均気温や通勤・通学時間と関連づけたグラ
    フを示し、ある結論を導くために必要なデータを問うたり、グラフから
    読み取れることを選ばせたりする。身近なテーマで数学を活用する
    場面を設定し、データを正しく考察する力を試す。

    別の図形問題では、ICT(情報通信技術)の活用を想定し、生徒が
    コンピューターを使って図形の性質を調べる場面を設定した。

    元記事はこちら
    【速報】マーク式も刷新、思考力問う設問に 大学入試新テスト

    「大学入学共通テスト」のマークシート式問題のモデル例

    文科省 高校生向け「基礎診断」 認定基準作成へ

    日本経済新聞20170712より

    文部科学省は12日、2019年度に導入する「高校生のための
    学びの基礎診断」の内容を審議する検討会の初会合を開いた。

    「基礎診断」は高校生の学習内容の定着度を確認するためのテ
    スト。この日の会合では委託する民間事業者の認定基準やテス
    トの結果を生徒の学力向上につなげる仕組み作りを議論した。

    検討会には高校関係者や教育学者ら11人が委員として参加。
    荒瀬克己・大谷大教授が主査に就いた。荒瀬氏は冒頭で「高校
    生の基礎学力をしっかりしたものにするために大事な教育改革
    だ」とテストの意義を強調した。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    文科省 高校生向け「基礎診断」 認定基準作成へ

    全国初の公設民営化 愛知総合工科高校専攻科

    top-img-outline

    教育新聞20170706より

    名古屋市の愛知県立愛知総合工科高校(間瀬好康校長、
    生徒数全日制794人、専攻科70人)の専攻科は今春、全国
    で初めて、公設民営として誕生。大学教授や企業人による
    トップランナーの授業などを展開している。・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    修業年限2年の同科は機械・電気系の課程。産業システム科
    と先端技術システム科の2学科4コースがあり、より専門的に
    学べる環境が整備されている。

    公設民営の公設は愛知県、民営は指定管理法人として学校
    法人名城大学が担っている。

    同校長は「産業現場というよりも、産業界そのものを担っていく
    人材を育成したいと考えた」と同校の使命を語る。

    開設に当たっては、より魅力的なカリキュラム編成を目指した
    という。他高校の専攻科や高専などの特色を調べ、大学編入を
    想定したカリキュラムを組むとともに、理論的な事柄だけでなく、
    より実践的な内容を学べるように特色を出した。

    ◇  ◇  ◇

    こうした狙いや工夫は、民営化によって、指定管理法人ならでは
    の果実としてもたらされている。同学の協力により、同学の教授
    らも講師として招けるようになった。また、公設公営の学校では、
    公務員法によって決められる講師の処遇が、民営化後には、登
    壇者の経歴に見合った対価を支払えるようになり、柔軟な勤務体
    系が可能になった。これにより、従来のトヨタ自動車(株)や(株)ト
    ーエネックに加え、(株)デンソーや三菱重工業(株)などの企業
    人も新たに招けるようになったなど、人選の幅が広がったほか、
    1~2カ月という期間で講師ができるようになったのが、大きなメリッ
    トだという。

    生徒は、実践レベルから高度な知識や技術のレベルまで、最先端
    の知見と技を得られるだけでなく、授業内容と大学、企業の目線に
    タイムラグがなくなった。企業側にとっても、優秀な生徒を発掘する
    逆リクルート活動ができるなど、両者に、いわゆるウイン・ウインの
    利点が生まれている。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    元記事はこちら
    全国初の公設民営化 愛知総合工科高校専攻科

    愛知総合工科高校専攻科

    英語民間試験へ移行期間4年 大学入試新テスト最終案

    日本経済新聞20170710 速報より
    概略一覧表あり

    文部科学省は10日、大学入試センター試験に代わり2020年度に
    導入する新テスト「大学入学共通テスト」について、実施方針の最
    終案を同省の有識者会議に示した。民間の資格・検定試験に移行
    する英語では、23年度まで現行のマークシート式を併存させる案を
    採用。大学は両方もしくは一方を入試に活用する。近く実施方針を
    定め、詳細な制度設計に移る。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    それによると、共通テストの受験対象者は現在の中学3年以下。21
    年1月中旬に初回を行う。国語と数学には記述式問題を新たに導入。
    国語は最大80~120字程度、数学は解法を問う問題など、各3問程
    度を出題する。英語は現行の「読む・聞く」に「話す・書く」を加えた4技
    能を評価するため、実用技能英語検定(英検)やTOEICなどの民間
    試験を活用する。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    民間試験とマーク式が4年間併存する「移行期間」を設けることにした。

    様々な民間試験のうち、学習指導要領との整合性や実施状況などの
    水準を満たしたものを文科省が認定する。受験生は高3の4~12月に
    最大2回受験でき、結果は点数と、語学力の国際規格に基づく段階別
    の成績として大学に提供する。

    最終案では、受験生の居住地域や家庭の経済力で受験機会が左右さ
    れにくいよう、試験の実施団体に「検定料の負担軽減方策などを講じる
    ことを求める」と明記。大学に対しても「(受験生の)負担に配慮し、でき
    るだけ多くの種類の認定試験を活用するよう求める」とした。

    文科省は17年11月、18年12月にプレテストを実施。共通テストの問題
    内容や受験料、実施体制などを検討し、19年度中に実施大綱を定める。


    元記事はこちら

    英語民間試験へ移行期間4年 大学入試新テスト最終案

    教育ICTガイドブック Ver.1を総務省公表

    教育ICTガイドブック Ver
    ICT教育ニュース20170704より

    総務省は6月30日、2014年度から16年度まで「先導的教育
    システム実証事業」として、時間や場所、端末やOSを選ばず、
    最先端のデジタル教材等を利用でき、かつ低コストで導入・運
    用可能な「教育クラウドプラットフォーム」の実証を行い、その
    成果等を「教育ICTガイドブック Ver.1」及び「教育クラウドプラ
    ットフォーム参考仕様」にまとめ、公表した。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    学校現場のクラウド活用先進事例を約50件も掲載している。冊
    子はすべての教育委員会に配布するとともに、総務省HPに全
    文掲載している。


    元記事はこちら
    総務省、実証事業まとめた「教育ICTガイドブック」など公表

    教育ICTガイドブック Ver.1はこちらからダウンロード

    企業・自治体と協議会 専門職大学の設置基準案、文科省

    日本経済新聞20170703より

    文部科学省は3日、2019年春の開学をめざす新たな高等教育
    機関「専門職大学」の設置基準案を公表した。企業での実習な
    ど4年制で600時間以上とした実習科目を含む教育課程を編成
    するため、企業や自治体などが参加する協議会の設置を義務
    付ける。8月までに設置基準を定め、秋以降に開学申請を受け
    付ける。

    専門職大は実践的な職業教育を通じ、IT(情報技術)や農業、
    観光などの分野で、産業構造の変化に対応した新事業を生み
    出す人材を育てるのが目的。既存の専門学校からの転換や既
    存大学の学部・学科の改組を想定している。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    授業は原則40人以下で、卒業に必要な単位の約3分の1を実習
    や演習が占める。教員の4割以上は企業などで5年以上の実務
    経験を持つ者とする。教育課程の編成や実施には企業や自治体
    との連携が不可欠として、「教育課程連携協議会」の設置を義務

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    元記事はこちら
    企業・自治体と協議会 専門職大学の設置基準案、文科省

    『iPadのある学校 2017』(前編)


    iTeachers TVより

    iPadのある学校 2017(前編)
    近畿大学附属高等学校・中学校の取り組み紹介です


    音訓の小・中・高等学校段階別割り振り表(平成29年3月)

    音訓3
    音訓の小・中・高等学校段階別割り振り表(平成29年3月)

    変更後の「音訓の小・中・高等学校段階別割り振り表」に基づく音訓の
    取扱いは、小学校においては平成32年度から、中学校においては平
    成33年度から実施することとなっています。なお,実施年度より前にお
    いても、その必要性や使用頻度等を勘案し、児童生徒や地域の実態
    等に応じて、適宜取り扱うことができます

    このたびの新指導要領における
    音訓の小・中・高等学校段階別割り振り表(平成29年3月)はこちら
    全52ページあります

    8/3・4は関西教育ICT展

    main

    事前申し込みなどのサイトはこちらです


    関西教育ICT展

    紹介記事はこちら

    ICT教育ニュース20170622より

    8月3日・4日の2日間にわたりインテックス大阪で開催される
    「第2回関西教育ICT展」は、セミナーの申込登録を開始している。

    情報通信総合研究所 特別研究員の平井 聡一郎氏による「これな
    らできる小学校のプログラミング~プログラミングで学ぶ教科の学
    習~」、同志社中学校・高等学校の反田 任教諭による「2020年
    「小学校英語教科化」「英語4技能」へのシフトを見すえた効果的な
    ICT活用」、東北大学大学院の堀田 龍也教授の「次期学習指導要
    領を想定した教育の情報化の最新動向」など、約40のセミナーや
    パネルディスカッションが用意されている。

    セミナー・パネルディスカッションの聴講にはすべてHPでの事前登
    録が必要。

    開催概要

    開催日時:8月3日(木)~4日(金) 10:00~17:00
    開催会場:インテックス大阪 [大阪市住之江区南港北1-5-102]
    来場対象:教育委員会・地方自治体・関係省庁、小・中・高校、
    大学・短期大学、幼稚園・保育所、図書館等公共施設、
    塾・予備校・專門学校など

    <大学新テスト>文科省 英語民間試験で全国一斉を要請へ

    毎日新聞WEB版 20170621より

    文部科学省が、大学入試センター試験に代えて2020年度に
    始める新テスト「大学入学共通テスト(仮称)」の英語で活用する
    民間試験の実施団体に対し、受験料を抑えるため、使用料がか
    からない公立高校を会場に利用するよう要請する見通しとなった。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    全国の受験生が公平な環境で受けられるよう全都道府県で一斉
    に実施することも求める方向だ。ただし、候補になっている試験は
    8種類あり、実施団体が一律に対応できるかは不透明だ。

    候補になっているのは英検やTOEFLなど。現在、受験料は400
    0~2万5000円、試験会場も12~500カ所と幅があり、認定さ
    れる試験によっては、家庭の経済状況で複数回の受験が難しくな
    ったり、会場が自宅から遠い受験生が不利になったりする恐れが
    ある。このため、実施団体が受験料を引き下げられるよう会場は
    使用料が不要な土日の公立高校の校舎などを利用し、全ての都
    道府県で一度に試験をするよう求めていく見通しだ。

    元記事はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000130-mai-soci

    <新テスト英語>民間検定・マーク式併存 20~23年度

    毎日新聞20170619より

    文部科学省は、大学入試センター試験に代えて2020年度に始める
    新テスト「大学入学共通テスト(仮称)」の英語について、民間検定試
    験の活用に加え、23年度までの4年間は現行のマークシート式の試
    験を継続する方針を固めた。各大学はどちらか一方、または両方を
    活用できるようになる。文科省が20年度に民間試験に全面移行する
    案との2案を示し、高校・大学関係者らに意見を聞いた結果、段階的
    な移行を求める声が強かった。同省は月内に新テストの実施方針を
    発表し、詳細な制度設計に入る。

    新テストの英語の試験は、読む・聞く・話す・書くの4技能を総合的に
    測るため、民間の検定試験の中から、学習指導要領に対応している
    ものを認定して活用する。英検やTOEFLなどを想定しており、受験
    回数は高校3年の4~12月に2回までとする。成績は大学の求めに
    応じて、素点と、国際基準規格「CEFR」(セファール)に基づく6段階
    の評価を提供する。

     文科省は先月公表した実施方針案で、20年度にマークシート式を
    廃止して民間試験に全面的に切り替えるA案と、制度の大幅な変更
    による受験生や高校、大学への影響を考慮して、23年度までは現
    行と同じマークシート式の試験も継続するB案を示した。B案は浪人
    生の救済措置にもなる。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【ことば】大学入学共通テスト

     知識だけでなく、グローバル社会で求められる思考力、判断力、表
    現力などを評価するため、50万人規模が受験する大学入試センター
    試験に代わって導入され、現在の中学3年から対象になる。最も大き
    な変更点が英語での民間検定試験の活用で、このほか国語と数学は
    現行と同じマークシート式に加え、記述式問題が出題されることが決ま
    っている。

    元記事はこちら
    <新テスト英語>民間検定・マーク式併存 20~23年度

    大学新テスト「英語に不確定事項多い」 国大協が見解

    国立大学協会の意見_ページ_1
    国立大学協会の意見_ページ_2
    国立大学協会の意見_ページ_3
    国立大学協会の意見_ページ_4
    国立大学協会による
    高大接続改革の進捗状況について」に対する意見


    日本経済新聞20170614より
    国立大学協会は15日までに、大学入試センター試験に代えて
    2020年度から実施される「大学入学共通テスト(仮称)」の英語
    で民間試験を利用する文部科学省の方針について「受験機会
    の公平性など、あまりにも不確定な事項が多い」などとする見
    解をまとめた。

    同協会の入試委員長を務める片峰茂・長崎大学長は14日の記
    者会見で「センター試験の英語を完全に廃止する方針を考え直
    してほしい」と求めた。

    一方、見解は国語と数学への記述式問題の導入に対して「思考
    力や表現力を測るためのもので、実現性・実効性のある提案」と
    評価した。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    元記事はこちら
    大学新テスト「英語に不確定事項多い」 国大協が見解




    広島県の全寮制中高一貫校、高校1年から授業の大半を英語で

    日本経済新聞20170613より

    広島県は2019年4月に大崎上島町で開校を予定する全寮制の
    中高一貫校の基本設計が完了したと発表した。約10万5千平方
    メートルの敷地面積に延べ床面積約1万1千平方メートルの建
    物を建設する。少人数授業や、学年が横断するプロジェクト学習
    まで柔軟に対応できる空間とし、仕切りのない開放的な授業スペ
    ースも設ける。生徒が科目ごとに教室を移動する。

    開校時は中学1年生40人。日本の高校普通科を卒業する資格と、
    海外大学の入学資格である国際バカロレア資格(IBディプロマ)も
    取得する。高校1年生から留学生20人を含む60人となり数学や
    歴史など多くの授業を英語で行う。2、3年生は国際バカロレア資
    格の取得へより英語を重視したプログラムとする。

    敷地内を学習、生活、地域交流、スポーツの4ゾーンを分ける。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    元記事はこちら
    広島県の全寮制中高一貫校、高校1年から授業の大半を英語で

    最新記事
    タグクラウド
    記事検索
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    QRコード
    QRコード
    livedoor プロフィール
    • ライブドアブログ