時事通信(20160722)より

2018年度以降に小中学校で教科化される「道徳」の評価方法を検討していた
文部科学省の専門家会議は22日、他の児童生徒と比較した数値などによる相
対評価はせず、成長内容を積極的に受け止めて励ます「個人内評価」を記述式
で行うよう求める報告書案を大筋で了承した。

評価は調査書(内申書)に記載したり入試で活用したりしないことも強調した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

指導要録は内申書の基にもなるが、児童生徒が入試などを気にせず道徳的価
値に向き合えるようにするため、評価内容は内申書に記載されない必要がある
とした。 

元記事はこちら

道徳評価は記述式で=入試には使わず―文科省会議