府内中学校3年生数の増減率推移
この表は、京都府内中学校3年生数の増減率推移です。

出典は下記公聴会資料にて提示されています。

丹後地域における府立高校の今後の在り方公聴会が現在開催され
ています。既に当ブログにてお伝えしております通り、現在、
【学者制】の導入により、
宮津高校と加悦谷高校の2校と、網野高校と久美浜高校の2校にお
いて学舎制を導入し、残りの海洋高校は現教育を継承・充実、峰山
高校は普通科・産業工学科の教育内容の充実や学科改編の検討を、
さらに峰山高校弥栄分校校地にて単位制の検討という案が提示され
ています。最終結論を出す前に、市民や関係者に向け現在公聴会が
開催されている訳です。

その公聴会においてプレゼンされる資料が、下記サイトにて公開され
ております。丹後地域に限らず、このような事例は今後の検討の土台
となるものですので、ぜひ一度ご一読下さい。


丹後地域における府立高校の今後の在り方公聴会資料PDF(46ページ)