京都新聞(20160608)より

京都府亀岡市教育委員会は、市内の小中学校の再編を考える市学校規模
適正化地域別推進協議会を立ち上げた。このほど第1回会議を開き、複式
学級の小学校がある別院中と、児童数が増えている東輝中・詳徳中の2地
域で先行してブロック協議会を開催することを決めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地域別推進協議会は、自治会連合会やPTA連絡協議会、小中学校校長会
の各会長、教育部長らで構成する。

第1回会議では、市教委が中学校区ごとにブロック協議会を開くことを説明。
「別院中ブロック」の東別院小と西別院小では校区外から通学できる特認校
を、教室不足が懸念される安詳小がある「東輝中・詳徳中ブロック」は校区変
更を、3年をめどに検討する考えを示した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

小中学校の再編、2地域で先行へ 京都・亀岡で推進協議会