全国大学サイト・ユーザビリティ調査2017-2018 pc編
全国大学サイト・ユーザビリティ調査2017-2018 スマホ編
ReseMom 20171027より

日経BPコンサルティングは10月27日、大学Webサイトの使い
やすさを評価した「全国大学サイト・ユーザビリティ調査2017-
2018」を発表した。PC編は名古屋市立大学、スマホ編は東京
工科大学が総合ランキング1位に輝いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
調査対象の大学は、PC編が国立大学38校、公立大学11校、私立
大学62校の計111校。スマホ編が国立大学52校、公立大学18校、
私立大学146校の計216校。調査期間はPC編が6月上旬~7月下
旬、スマホ編が6月上旬~9月上旬。

PC編の総合ランキングは、1位「名古屋市立大学」、2位「東京工科
大学」、3位「富山大学」、4位「北海学園大学」、5位「静岡県立大学」。
前回(2016-2017)まで3年連続1位を保ってきた富山大学は今回、
3位へ後退した。

スマホ編の総合ランキングは、1位「東京工科大学」、2位「北海学園
大学」、3位「明治学院大学」、4位「名古屋市立大学」、5位「福岡工業
大学」。1位の東京工科大学はスマホ対応に積極的で、前回もほとん
どのWebページをスマホ対応にして4位を獲得。今回はPCサイトへの
切り替えボタンを用意
するなど、より使い勝手のよいWebサイトへと改
善したという。なお、日経BPコンサルティングによると、6割はレスポン
シプWebデザインを採用
している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
元記事はこちら
大学Webサイトの使いやすさランキング2017-2018、PC編トップは名市大

日経BPコンサルティング関連ページはこちら