12

NIKKEI STYLE 20170805より

子どもの成長とともに増える教育資金。最近は英語教育や私立校
受験などが熱を帯び、幼少期の教育費も膨らみがちだ。出産年齢
によっては自分たちの老後資金が十分につくれず、老後に不安を
残す事態になりかねない。「聖域」にしがちな教育費とどう向き合っ
ていけばいいのか。
都内の会社員の女性(43)は今年3月、念願の第1子を出産した。
今までの貯蓄は老後資金に充て、教育資金は毎月の収入から捻出
する予定だ。それでも「将来、子どもが海外留学を希望したらどのよ
うにして資金を工面したらいいか……」と思案顔だ。

教育費は一般に、子どもが私立に通い始める時期が早いほど膨らむ。
文部科学省、日本政策金融公庫によると、「小学校から高校まで公立、
大学は国公立」の教育費は1人約900万円なのに対し、「小学校から高
校まで私立、大学は私立理系」だと約2500万円と3倍近くなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら
私立一貫2500万円 教育費、聖域にせずどう管理?