日本経済新聞20170712より

文部科学省は12日、2019年度に導入する「高校生のための
学びの基礎診断」の内容を審議する検討会の初会合を開いた。

「基礎診断」は高校生の学習内容の定着度を確認するためのテ
スト。この日の会合では委託する民間事業者の認定基準やテス
トの結果を生徒の学力向上につなげる仕組み作りを議論した。

検討会には高校関係者や教育学者ら11人が委員として参加。
荒瀬克己・大谷大教授が主査に就いた。荒瀬氏は冒頭で「高校
生の基礎学力をしっかりしたものにするために大事な教育改革
だ」とテストの意義を強調した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文科省 高校生向け「基礎診断」 認定基準作成へ