日本経済新聞20170710 速報より
概略一覧表あり

文部科学省は10日、大学入試センター試験に代わり2020年度に
導入する新テスト「大学入学共通テスト」について、実施方針の最
終案を同省の有識者会議に示した。民間の資格・検定試験に移行
する英語では、23年度まで現行のマークシート式を併存させる案を
採用。大学は両方もしくは一方を入試に活用する。近く実施方針を
定め、詳細な制度設計に移る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それによると、共通テストの受験対象者は現在の中学3年以下。21
年1月中旬に初回を行う。国語と数学には記述式問題を新たに導入。
国語は最大80~120字程度、数学は解法を問う問題など、各3問程
度を出題する。英語は現行の「読む・聞く」に「話す・書く」を加えた4技
能を評価するため、実用技能英語検定(英検)やTOEICなどの民間
試験を活用する。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
民間試験とマーク式が4年間併存する「移行期間」を設けることにした。

様々な民間試験のうち、学習指導要領との整合性や実施状況などの
水準を満たしたものを文科省が認定する。受験生は高3の4~12月に
最大2回受験でき、結果は点数と、語学力の国際規格に基づく段階別
の成績として大学に提供する。

最終案では、受験生の居住地域や家庭の経済力で受験機会が左右さ
れにくいよう、試験の実施団体に「検定料の負担軽減方策などを講じる
ことを求める」と明記。大学に対しても「(受験生の)負担に配慮し、でき
るだけ多くの種類の認定試験を活用するよう求める」とした。

文科省は17年11月、18年12月にプレテストを実施。共通テストの問題
内容や受験料、実施体制などを検討し、19年度中に実施大綱を定める。


元記事はこちら

英語民間試験へ移行期間4年 大学入試新テスト最終案