日本経済新聞20170331より
文部科学省は小学校英語の正式教科化などを盛り込んだ新学習
指導要領を31日付で告示する。2月に案を公表した後に一般から
寄せられた意見を踏まえ、「聖徳太子」から「厩戸王(うまやどのお
う)」への変更を取りやめるなど、歴史用語の扱いを修正した。小
学校は2020年度、中学校は21年度から実施する。

新指導要領では英語に親しむ「外国語活動」の開始が小5から小
3に前倒しされ、小5と小6では英語が教科になる。小3~小6の授
業時間は週1コマ増える。円滑に移行するため、18年度以降を移
行期間とし、新要領を先行実施できるようにする。文科省は4月に
も、移行期間に学ぶ英語の内容などを示す方針。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「カリキュラム・マネジメント」といった新たな視点は案のまま入った。
知識は習得しつつ「主体的・対話的で深い学び」で思考力や主体性
を育むことや、プログラミング教育の必修化も盛り込まれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小中学校の社会に登場する「聖徳太子」について、案では小学校は
「聖徳太子(厩戸王)」、中学校は「厩戸王(聖徳太子)」と教えるとし
た。しかし「小中で表記が異なると教員が教えにくい」などの意見が1
千件余り殺到。小中とも今と同じ「聖徳太子」に戻して告示・・・・・・

中学校社会の「元寇(げんこう)」は「モンゴルの襲来(元寇)」に変える
としたが、告示では「元寇(モンゴル帝国の襲来)」に修正。「鎖国」から
「幕府の対外政策」へも変更しないとした。同省の担当者は「意見を踏
まえ、小中学校の学習の連続性や子供の理解のしやすさの観点で対
応した」と説明する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら
小中の新指導要領告示 「聖徳太子」変更せず、小3から英語