20170315115839kitakuwata450
京都新聞WEB版20170315より

府教育委員会はこのほど、生徒の定員割れが続く京都市
右京区京北の北桑田高の在り方を考える検討会議を近く
のあうる京北で開いた。府教委側は、通学圏の拡大をはじ
め、校舎を残した上で一部の授業や部活動を他校と共同
で行う学舎制の導入、他校との統合を検討例として提示し
た。委員からは学校存続を求める声が相次いだ。

府教委は生徒数を確保する対策として通学圏の拡大を挙
げ、従来の口丹だけでなく、京都市と乙訓も含める案を示
した。少人数でも教育環境を維持することにつながる学舎
制にも言及した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

検討例に「他校との統合」も入っていることから、住民や保
護者の委員は「統合すれば過疎化を招くため高校を何とし
ても残してほしい」「もっと前向きな議論をするべきだ」など
と訴えた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら
通学圏拡大や学舎制…京都・北桑田高の検討例提示
 府教委会議