京都新聞20170308より

京都市教育委員会は新年度から、市立小の3、4年生で英語に
親しむ時間「英語活動」を実施することを決めた。次期学習指導
要領が全面実施される2020年度から外国語活動が導入され
るため、前倒しで年間12~16時間を確保する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新3年生は高学年で年間70時間の英語科が全面実施される
年に、6年生になるため、英語に慣れてもらう狙いもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

小学3、4年で「英語活動」 新年度から、京都市教委前倒し