文部科学省は調査は、来春の高等学校卒業予定者で就職を
希望する者の就職内定状況を調査しており、12月末現在で
取りまとめたものを公表した。


1.就希職望者数・就職内定者数等

卒業予定者 1,076,981人
(前年同期 1,066,642人)
就職希望者   191,020人
(前年同期   191,343人)
うち就職内定者 173,566人
(前年同期 172,183人)
うち未内定者    17,454人
(前年同期  19,160人)

2.就職内定率(就職希望者に対する
就職内定者の割合)

90.9%(前年同期比0.9ポイント増)

○男女別

男子:92.0%(前年同期比 0.5ポイント増)
女子:89.2%(前年同期比 1.4ポイント増)

○学科別(内定率が高い順)

「工業」96.6%、「情報」94.4%、「商業」94.1%、
「農業」93.3%、「福祉」92.8%、「水産」91.6%、
「家庭」90.3%、「総合学科」89.9%、「看護」89.0%、
「普通」84.7%
※「その他」の学科は除く。
※「看護」に関する学科は看護師5年一貫課程が主となる
ため、5年課程5年次の就職内定率を示している。

○都道府県別

内定率の高い県:富山県 97.2%、福井県 96.0%、
秋田県 95.8%、岩手県 95.6%、島根県 95.5%

内定率の低い県:沖縄県 67.0%、東京都 82.9%、
神奈川県 83.8%、大阪府 84.9%、高知県 85.9%

○東日本大震災における被害が甚大な3県

岩手県 95.6%(前年同期比 0.2ポイント増)
宮城県 92.4%(前年同期比 1.4ポイント増)
福島県 95.4%(前年同期比 0.4ポイント減)

詳細はこちら

平成29年3月高等学校卒業予定者の就職内定状
(平成28年12月末現在)に関する調査結果詳細