塾にとっても深刻な課題です

京都新聞 20170210より

京都府教育委員会は9日、京都市を除く中学校の英語科
教員で、本年度に英語能力試験TOEICを受験した74人の
うち、府教委が目標として課した英検準1級に相当する730
点以上を獲得したのは16人で、約2割にとどまることを明ら
かにした。最低点は280点で、500点未満も14人いたとい
う。府教委は「英語科教員の資質が問われかねない厳しい
状況だ」としている。

国は、次期学習指導要領で、中学校の英語科の授業は基
本的に英語で行うことを盛り込む方向で、2017年度内に中
学校教員で英検準1級以上50%という目標を掲げている。

そのため府教委は、本年度から英検準1級以上を取得して
いない英語科教員に、英語のコミュニケーション能力を測る
TOEICの受験を促し、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対象となる50歳未満の教員は約150人で、本年度は74人
が受験した。まず昨年6月に試験実施したところ、4人しか達
成できなかった。その後、8月と10月に集中セミナーを3日間
実施。その後1月までに追加で8人が合格した。ただ受験者の
平均点は、1回目が578点、2回目が588点で、セミナーや自
習を経ても10点しか上がっていない。

今回達成しなかった教員は、来年度に再受験させるとともに、
個別の課題に応じた自習を促し、支援も行うという。学校教育
課は「採用試験に受かっているのだから、英語力はあるはずだ
が、教師生活の中でさびついているのではないか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、中学教員全体での英検準1級相当の達成率は昨年度
の25・8%から34・5%に増えた。


元記事はこちら

英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK?