20170130 英語教育小学指導案

日本経済新聞 20170130より

高大接続改革の流れは、やはり小・中・高教育にも
大きな変革を要請しています。当会における分析と
塾運営への活用への取り組みは、さらに加速して
進めていきたいと思います。


2020年度に導入予定の次期学習指導要領に基づき小
学3年生から始まる英語教育について、文部科学省は
30日、小3~小6の年間指導計画素案と教材サンプル
を専門家会議に示した。小3、小4は読み聞かせや絵
本を活用した音による指導を重視。小5、小6では「読
む・書く」を加え、「三人称」や過去形など現在は中学
で学ぶ内容にも触れるとした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の指導計画素案などは学年別。小3では教材の空
白に虹の色を塗る活動をしながら「I like blue」などと
自分の好きな色を伝えたり、相手の好みを聞いたりする
単元を設けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「he」「she」といった三人称には小5で触れる。小6では
夏休みの思い出を話し合う中で過去形を使ったり、20年
の東京五輪・パラリンピックで観戦したい競技を尋ね合っ
たりすることで、英語特有の語順を意識して表現するとした。

専門家会議は素案などを大筋で了承した。文科省は小5、
小6用の教材を年内、小3、小4用を17年度内に配布する。
次期指導要領の小学校への全面導入は20年度だが、18
年度から希望する学校での先行実施が認められており、こ
うした学校での活用を見込んでいる

元記事はこちら

速報 英語教育「過去形」小6で 小3~4は読み聞かせ