中高進学研究会 代表ブログ

京都の学習塾団体である中高進学研究会代表が運営しています。中学入試・高校入試・学校紹介・教育制度などの情報を、受験生とそのご家族、地域の学習塾の皆様に日々お伝えして参ります。

中高進学研究会へのお問い合わせは
http://www.chukoushinken.com/
代表 西川時代 携帯090-5972-9288
受験生とそのご家族、学習塾の皆様
ご遠慮なくお問い合わせください

英語学習サイト「えいごism」オープン

情報量満載のサイトがオープンしています。
安河内哲也先生が関わっておられるようです。

今後の英語4技能の流れにも即したこのサイトを
今後ゆっくりと見ていきたいと思います。

英語学習サイト「えいごism」

第8回教育ITソリューション EXPO 本年は大阪でも初開催

来る5月17日~19日、東京ビッグサイトにて
第8回 教育ITソリューション EXPOが開催されます。
この催しには800社を超える出店があり、多くの刺激を
受けることができます。私は2年間連続で参加していますが
毎年自塾の運営に大きなインパクトを与える刺激を受けて
います。なお、事前にWEB場から、展示会招待券(無料)の
申し込みが受け付けられています。また高大接続など教育
分野における多くのシンポジウムも開催されます(要予約)。
ぜひ一度サイトをご確認下さい。

第8回 教育ITソリューション EXPO 案内はこちらから

タブレットPCや電子黒板の導入、教員の実務効率化、
大学改革・グローバル化への対応などを目的に、学校におけるICT
投資が年々盛んになっています。こうした状況を踏まえ、2010年か
ら開催している本展には、教育用最新IT製品やサービスが一堂に出
展。新しい学校教育を形作るための様々なソリューションに、注目が
集まっています。北は北海道、南は沖縄まで、文字通り全国から小中
高の先生や塾や大学関係者、教育委員会が来場します。


また本年は、大阪にて初めて11月15~17日にインテックス
大阪にて、第1回関西教育ITソリューション EXPOが開催されます。
こちらは450社ほどの出店が見込まれています。

第1回関西教育ITソリューション EXPO 案内はこちらから

お時間が許せば、是非一度ご参加をご検討下さい



現役高校生、税理士試験の簿記論合格 12・6%の難関

20170115京都新聞より

八幡商業高(滋賀県近江八幡市)3年の中村太一さん(18)が
このほど、税理士試験の科目の一つの簿記論に合格した。県
内の高校生の合格は2人目で・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学生の頃から計算が得意で、同高では簿記珠算部の部長も
務めた。2年だった2015年11月、日商簿記検定1級に合格し
て受験資格を得た。試験は昨年8月にあり、合格通知書が先月、
自宅に届いた。合格率12・6%の難関だった。

同時期に行われた全国高校簿記コンクールでは個人4位に入賞
しており、企業の財政状況を示す貸借対照表を読み解くなど基礎
を固め直したことが税理士試験にも役立ったという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

現役高校生、税理士試験の簿記論合格 12・6%の難関

2017年入試 問題・解答・分析サイト

以下のようなサイトがあります。
大学入試速報2017

日本経済新聞社は、2017年度大学入試センター試験と、東京大学
など主な国公立大学の2次試験、早稲田大学、慶應義塾大学など
私立大学の入学試験について、問題・解答・分析を速報します。
解答と分析は、河合塾の協力を得てお伝えします。

国公立大学は22大学
私立大学は、慶應義塾大学・東京慈恵会医科大学・早稲田大学・
同志社大学・立命館大学・関西大学・関西学院大学の7大学の
各学部・前後期の入試問題・解答・分析が掲載されます。

20年度からの新テスト、モデル問題提示へ 17年度初めに

20170114日本経済新聞より

現在の中学2年生が大学受験に臨む2020年度から、大学入試
センター試験は記述式問題を含む新テスト「大学入学希望者学
力評価テスト(仮称)」に替わる予定だ。マークシート式も含め、
思考力・判断力・表現力の評価をこれまで以上に重視した問題
となる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
文部科学省は、17年度初頭に新テストの対象教科・科目や出題
範囲、実施時期などを含む「実施方針」を公表する方針。国語、
数学、物理、世界史のモデル問題を示すほか、国語と数学で初
めて導入する記述式の実施方法や成績表示についても発表す
るとしている。現在は「聞く・読む」力の評価にとどまる英語は
「話す・書く」力を含めた4技能を評価する方針で、民間の資格
試験の活用を想定している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

20年度からの新テスト、モデル問題提示へ 17年度初めに

【速報】京都橘大、18年に2学科新設 作業療法と臨床検査

20170113 京都新聞デジタル版より

京都橘大は13日、健康科学部に作業療法と臨床検査の
両学科を2018年4月に新設する計画を発表した。臨床
検査学科は京都の私立大では初の設置となる。

作業療法学科(入学定員40人)は、作業療法士としての
支援対象の想定を高齢者とするか子どもとするかによっ
て2コース設ける。臨床検査学科(同80人)は、臨床検
査技師の上位資格でがん細胞の発見などを担う「細胞
検査士」の養成コースも開設する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2学科の新設に合わせて、山科区のキャンパスに地下1
階、地上4階建ての新棟を建設する。・・・・・・・・・・・・・・・


元記事はこちら

京都橘大、18年に2学科新設 作業療法と臨床検査

4年後のセンター試験どうなる? 英語力向上、学校対策早くも熱を帯びる

20170113 産経新聞より

14、15両日に大学入試センター試験が実施されるが、大学入試を
めぐっては平成32年度から、新しい仕組みのテスト(仮称=大学入
学希望者学力評価テスト)が導入される。特に英語はスピーキング
(話す)能力などを評価する方式に改められる。“4年後”を見据え、
最新のデジタル教材を活用した授業に取り組む中学校が現れたり、
英語検定がスピーキング能力を問う試験を拡大したりと、対策は早
くも熱を帯びている。

 昨年12月中旬、私立明星(めいせい)中学校(大阪市天王寺区)の
2年生のクラスで、音声認識ソフトを使った英語の授業が行われてい
た。生徒・・・・・・・がパソコンにつながれたマイクに向かって英文を読
み上げると、発音どおりの言葉がリアルタイムで画面に表示された。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「1945年」と読み上げたつもりだ
ったが、「19」の部分は発音が似ている「90」と認識されてしまった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新テストは、大学入試センター試験を知識偏重から思考力重視へと
転換するため32年度から導入される。現在の中2はその際に高校
3年生で、新テストの受験第1期生となる。
中高一貫の同校では、新テストの詳細な制度設計に先駆けて、今
年度から中2の英語授業で複数のデジタル教材を独自に取り入れた。
民間の検定・資格試験を活用する形で新テストに加わる「話す・書く」
技能の向上を目指すのが狙いだ。

全国の中学校で初めて導入したオンライン英語学習サイト「English 
Central」もその一つ。教科書の内容や映画のワンシーンなど1万本超
の動画を自由に閲覧できるサービスで、音声認識技術が搭載され動画
のせりふに合わせた発声練習が可能だ。録音してネーティブの発音と
聞き比べたりすることもでき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

京都市教委は今年度から市立高の2年全員を対象に、スピーキングを
含む民間検定試験を受験させる取り組みをスタート。福岡県飯塚市では
昨秋から小6の授業で、外国人講師とマンツーマンでオンライン英会話
ができる授業を取り入れた。また、東京都教委では都立高の入試での
スピーキングテスト導入を目指し、計画の策定を進めている。

公益財団法人日本英語検定協会(英検)も今年度からこれまで筆記とリ
スニングのみだった4級と5級の試験でパソコン端末などを使ったスピー
キングのテストを新たに導入。小中学生ら初心者の受験段階から英語を
話す試験形式に触れてもらうことが狙いという。

元記事はこちら

4年後のセンター試験どうなる? 英語力向上、学校対策早くも熱を帯びる

【速報】京都の私立中、倍率3・5倍 17年度入試、21年ぶり高水準

2017年01月12日 22時10分 京都新聞発表

京都府私立中学高校連合会は12日、2017年度の府内
私立中入試について志願状況の中間まとめを発表した。
全24校の平均志願者倍率は3・5倍で、21年ぶりの高水
準だった。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・募集人員は
前年度から50人減の2480人で、志願者数は同610人
増の8650人だった。入試日程を変更した東山(同区)は、
志願者数が332人増えた。そのほか、大谷、花園、立命
館など5校でも50人以上増加した。平均志願倍率が3・5
倍に上るのは1996年以来。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


元記事はこちら

京都の私立中、倍率3・5倍 17年度入試、21年ぶり高水準

滋賀県がインフル注意報発令 大津・甲賀は「警報」近い患者

ご注意下さい。
本年京都では、インフルエンザに対する脅威がこれまで
あまり無かったせいで、関心が低いですが本日の京都新聞
では、滋賀県の現状を伝えています。
もちろん防ぎようのない面もありますが、可能な限り関心を
高めて予防することは重要かと思います。
(当塾では1月から入試終了まで、毎年塾負担で、全マスク
体制をひいていますが、それでも防ぎきれない時もあります
が、この体制により生徒諸君の意識は高いかと思います)

滋賀県は12日、インフルエンザの流行が進行しつつあると
して、今冬初のインフルエンザ注意報を県内全域に発令した。
特に大津市や甲賀エリアでは警報レベルに近い患者が出て
おり、手洗いやうがいなど予防策の徹底を呼び掛けている。

・・・・・・・・・注意報は昨年より1カ月ほど早い。・・・・・・・・・・

例年、注意報の発令後1~2週間以内に警報レベルに達し
ており、予防策とともにマスク着用や早めの受診など、うつ
さないための対策も求めている。


元記事はこちら

滋賀県がインフル注意報発令 大津・甲賀は「警報」近い患者





高校に新聞4紙配置を、文科省など支援 主権者教育に活用

20170104 日本経済新聞より

文部科学省と総務省は全国の公立高校の図書館に新聞を
4紙置けるよう、2017年度から自治体への新たな財政支援
を始める。選挙権年齢の18歳への引き下げで、高校での主
権者教育の重要性が高まる中、生徒が複数の新聞を活用し
て社会問題などを多面的に考える機会を増やす。

 
両省は12年度から小中学校に新聞を1紙ずつ置くため、毎年
15億円の地方財政措置を充ててきたが、高校は対象外だった。
17年度から始める新たな「5カ年計画」ではこれを年30億円に
倍増し、高校への4紙のほか、中学校分もこれまでの各校1紙
から2紙に増やす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小中学校の学校司書についても、おおむね2校に1人程度とし
ていた配置状況を改善。1.5校に1人置けるよう、350億円増の
総額1100億円を盛り込んだ。

元記事はこちら

高校に新聞4紙配置を、文科省など支援 主権者教育に活用


29年度大学入試センター試験(現役志願率)

平成29年度大学入試センター試験受験者数確定_ページ_5

いよいよ来る1月14日(土)・15日(日)には
私立中学入試と大学入試センター試験が実施されます。
まさに受験モード全開の時期となります。受験生諸君と
そのご家族には体調管理を最優先に考え、少しでも良い
体調で受験できるよう意識して頂ければと思います。

センター試験についての過去のデータは下記のサイト
にて詳しく提示されています。高校生を指導されている
塾人に限らず、小・中学生を指導されている塾人の方々も
一度データの推移をご覧頂ければ興味深いかと存じます。

大学入試センター試験 過去のデータ

京都府立南陽高校 中高一貫教育校設置説明会

20170121 京都府立南陽高校中高一貫教育校説明会案内_ページ_1

2018年開校予定の京都府立南陽高校 中高一貫教育校の
設置説明会が、今月1月21日(土)に開催されます。


場所 けいはんなプラザ メインホール
時間 午後2時から3時30分

予約不要・無料・個別相談会あり

受験指導本番の時期であり調整が難しいことと存じますが、
お時間の許す方はご検討下さい。20170121 京都府立南陽高校中高一貫教育校説明会案内_ページ_2

平成29年度全国学力・学習状況調査は平成29年4月18日です

平成28年度全国学力・学習状況調査の京都市の結果 3
小学6年生と中学3年生対象に実施される平成29年度全国学力・学習
状況調査は、平成29年4月18日が実施日となります。

平成29年度全国学力・学習状況調査実施要項


今回の実施以降の変更点としては、特に注目すべき点は文部科学省が
平成32年度の中学校調査の実施の際に、生徒が平成29年度に受けた
小学校調査の個人票コードを回収することにより,同一児童生徒に関す
る小学校調査と中学校調査の結果の関係についての分析を行い,関係
教育委員会及び学校に対し,分析結果を提供することとした点です。

また、結果公表についても指定都市を含め、従来よりも積極的に公表す
ることが可能な方向へ規制が緩和されている点も注目点となります。

なお、平成28年度全国学力・学習状況調査の京都市の結果は下記の
教育委員会サイトより確認することができます。

平成28年度全国学力・学習状況調査の京都市の結果


府立中学校入学志願者数(平成29年度)について

2016年12月27日付けで、教育委員会より発表されました。

府立中学校入学志願者数(平成29年度)について

府立中学校入学志願者数(平成29年度)について






年月日間違えておりました

先ほどの投稿ですが

平成29年度とすべきところを平成28年度として
おりました。訂正させて頂きます。

なお明日より投稿再開致します。

当ブログ訪問下さる皆様へのお詫び

当会所属の会員の皆様、また当ブログを訪問して下さっておりました皆様
明けましておめでとうございます。
本年もなにとぞご教示よろしくお願い申し上げます。

当ブログは、本来タイムリーな受験情報を会員のみならず受験生やその
保護者の皆様にお届けすることを意図して開設されております。
にも関わらず昨年の途中より、私の事務処理能力の低さと怠慢により
更新を途絶えさせることとなりました。この点、心よりお詫び申し上げます。

今後、継続的に受験関連情報を発信するべく努力して参ります。
改めてご訪問下さりますようお願いを申し上げる次第です。

なお最低限、平日5日間は更新することと致します。(祝祭日は更新は
致しません。また長期休暇時期にはお休みを頂戴致します。)

         平成28年1月4日記 中高進学研究会 代表 西川時代

高校外部募集48人増の7375人 京都府私立中高17年度入試

京都新聞(20160902)より

京都府私立中学高校連合会は2日、府内の私立中・高校の2017年度入試
募集要項を発表した。全日制高校38校の外部募集定員は前年度から48人
増の7375人とする。中学24校は華頂女子中の募集停止に伴い、同50人
減の2729人となる。定員枠を上回る受け入れも引き続き行う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定員を増やす高校は5校で、京都橘と平安女学院、立命館宇治が各20人増、
立命館と京都精華学園が各10人増。京都橘と京都精華学園は前年度に入
学希望者が増えたことを受けた対応で、他3校は内部進学者の減少を補
目的という。定員を減らす高校は2校。華頂女子は音楽科の募集停止で25人
減とし、京都成章も7人減らす。コースの再編や名称変更は京都外大西、京都
明徳、京都西山(通信制課程)、京都光華の4校が実施する。

 
中学校は華頂女子の募集停止以外に定員変更はなかった。コースの新設・変
更は京都学園とノートルダム女学院の2校が行う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

高校外部募集48人増の7375人 京都府私立中高17年度入試

広域通信制高校、13校で不適切指導の疑い 文科省

日本経済新聞(20160902)より

文部科学省は2日、全国の広域通信制高校の実態調査の結果を公表した。調査
した101校のうち13校で昨年度、教員ではない職員が面接や試験を行うなど不適
切な指導をした疑いがあったと発表した。三重県伊賀市のウィッツ青山学園高校
の就学支援金不正受給事件などを受け、7~8月に調査した。同省は9月中にガイ
ドラインをまとめ、各校に適切な運営を促す。

多くの広域通信制高校は、学校教育法の認可外の「サポート校」と呼ばれる施設と
連携し、生徒の学習支援などに当たる。生徒が高校卒業の資格を得るために必要
な試験や面接指導、成績評価などは高校の教員が行う必要があるが、13校では
サポート校の職員らが担当していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ高校の教員がサポート校の職員とともに指導していた可能性もあり、文科省の
担当者は「全てのケースで法令上の問題が生じていたとはいえず、今後さらに精査
する必要がある」としている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

広域通信制高校、13校で不適切指導の疑い 文科省

教員の負担減、部活支援へ専門職員 京都府教委、17年度から

京都新聞(20160901)より

京都府教育委員会は31日、学校の部活動を支援する専門職員を2017年度
から配置する方針を明らかにした。指導力の向上や多忙な教員の負担軽減に
結びつける狙い。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

配置するのは、国が17年度に制度を創設する「部活動指導員(仮称)」。教員
に代わり部活の指導や部員の引率を担う非常勤職員で、公務員の身分とする。
任用に際しては指導技術などの研修を受けさせる。

府教委の調査によると、顧問を務める部活の競技経験がない教員は中学校で
半数近く、高校で4割近くに上り、3人に1人が指導に「自信がない」と回答。休
日の練習指導や大会への引率が教員の負担になっている面もあるため、府教
委は部活動指導員の配置を多忙化対策の一つに位置づける。

一方、検討会議の委員からは「中途半端な立場で本当に指導できるのか」「教
員の増員こそ本来の対策では」と疑問も示された。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

教員の負担減、部活支援へ専門職員 京都府教委、17年度から

大学入試新テスト、英語で民間試験活用 文科省案

日本経済新聞(20160831)より

文部科学省は31日、大学入試センター試験に代わって2020年度に導入する
大学入学希望者学力評価テスト(仮称)の英語について、国が認定した民間の
英語能力試験の結果を活用する案を示した。読む・聞く・話す・書くの4技能の
うち「話す」と「書く」は同テストでは評価せず、民間試験に委ねる。将来は4技
能全てを民間試験で評価する案も検討する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
数十万人が一斉に受験する同テストの性格も踏まえ、作問や採点が難しいと
判断した。高校3年の12月ごろまでに複数ある民間試験の中から少なくとも1
つを受験し、結果を大学が選抜に活用する仕組みを検討する。家計状況によ
っては受験料が負担になるため、国の補助なども検討するという。

一方、国語と数学に導入予定の記述式問題の実施時期と採点方法について
は(1)高3の1月に実施し大学入試センターが採点(2)12月に実施しセンターが
採点(3)1月に実施し各大学が採点――の3案を挙げた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
同テストの試行テストも始める。17年度は首都圏100会場で5万人、18年度
は10万人を想定。19年度から導入する高校基礎学力テスト(仮称)の試行も
17年度に実施する。

元記事はこちら

大学入試新テスト、英語で民間試験活用 文科省案

新奨学金、所得の9%返還 文科相会議が制度案了承

日本経済新聞(20160830)より

卒業後の所得に応じて返還額が変わる「所得連動返還型奨学金」について、
文部科学省の有識者会議は30日、3月の1次まとめ通り、所得の9%を返還
額とする制度案を了承し、審議を終えた。2017年度に新規で無利子奨学金を
借りる学生から適用する。


現行制度は貸与額に応じて返還額を固定しているが、大学卒業後の所得が
低く、返還に苦しむ人が多いため、新たな制度を検討していた。

制度案によると、マイナンバーを利用して貸与者の年収を把握。最低返還月
額は2千円で、年収ゼロでも返還可能だが、年収300万円以下の場合は、最
長10年の返還猶予が申請できる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

新奨学金、所得の9%返還 文科相会議が制度案了承

地学五輪で日本代表が金3、銀1 全員メダル

日本経済新聞(20160827)より

文部科学省は27日、津市で開かれた「国際地学オリンピック」で、日本代表
4人のうち3人が金メダル、1人が銀メダルを獲得したと発表した。

金メダルは広島学院高3年の笠見京平さん(17)、海陽中等教育学校(愛知
県)5年の坂部圭哉さん(16)、海城高(東京都)3年の広木颯太朗さん(17)。
銀は大阪府立北野高3年の神原祐樹さん(18)だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国際地学オリンピックは各国の高校生が地学の知識を競い、交流することを
目的に開かれ、参加者の約1割に金メダル、約2割に銀メダルが贈られる。こ
としは10回目で26の国と地域から100人が参加した。

元記事はこちら

地学五輪で日本代表が金3、銀1 全員メダル

滋賀大新学部を認可 日本初「データサイエンス」

京都新聞(20160826)より

文部科学省は26日、滋賀大が申請していた日本初の「データサイエンス学部」の
来春設置を認可した。同大学の学部新設は1949年の開学以来初めて。位田隆
一学長らが同日、大津市の県庁で会見し、膨大な量の「ビッグデータ」を有効活用
できる専門家の養成に向け、意気込みを示した。

新学部はインターネットなどに蓄積されたビッグデータを分析し、価値を見いだして
ビジネスや政策の意思決定につなげられる「データサイエンティスト」を育てる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1学年100人で彦根キャンパスを拠点とする。

日本はデータを扱う専門家が欧米に比べ非常に少なく危機的状況という。学部長
に就任する統計学者の竹村彰通教授は「日本は遅れている。理系のスキルと文
系の思考を併せ持つ新しい人材を育てたい」と話す。

滋賀大は半世紀以上、経済と教育の2学部体制を維持してきた。国立大への運営
費交付金が減額傾向にある中、従来の人文社会系から文理融合型の大学へ転換
を図ることで「新しい扉が開かれる」(位田学長)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

滋賀大新学部を認可 日本初「データサイエンス」

17年度入試、来年1月14日に 京都府・市の公立一貫校付属中

京都新聞(20160825)より

京都府、京都市両教育委員会は25日、公立中高一貫校の4付属中の
2017年度入試を来年1月14日に実施すると発表した。合格発表は同18日。

定員は例年と変更なく、洛北高付属中(京都市左京区)は府内全域から80人、
園部高付属中(南丹市)と福知山高付属中(福知山市)は京都市を除く府内全
域から各40人、西京高付属中(中京区)は京都市内から120人を募集する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

17年度入試、来年1月14日に 京都府・市の公立一貫校付属中

平成29年度京都府公立高校募集定員・入学者選抜

平成29年度公立募集定員_ページ_4
教育委員会発表の、平成29年度公立高等学校入学者選抜における
定員と選抜に関する広報資料です。


平成29年度公立高等学校入学者選抜 定員について

平成29年度公立高等学校入学者選抜について
最新記事
タグクラウド
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ